自律神経失調症の原因を追求しましょう|原因を突き止める

病院

専門医による適切な治療

膝の痛い人

世田谷区にある関節リウマチ専門クリニックは、プロフェッショナルな専門医による治療が人気の病院です。関節リウマチなどの膠原病は複雑な疾患なのでしっかりと鑑別診断を行った上で、オーダーメイドの治療方針を立てています。

詳しくはコチラ

大きな街の病院

聴診器

風邪をひいてしまった場合内科では、民間療法には無い技術や器具等を使用し高度な治療を行うことが出来ます。病院を探す際には様々な情報を入手し総合的に選びましょう。新宿のような大きな街ではインターネットを利用するのが良いでしょう。

詳しくはコチラ

どちらにも良い点

ホワイトボードを持つ男性

平野区には個人で開院している病院があるのですが、このようなところでは家族全員でお世話になっているケースがあり、きめ細かい治療を受けられます。大病院ならすぐに専門医が駆けつけて診てくれますし、入院や手術もできるので頼りになるメリットが多いです。

詳しくはコチラ

自律神経の乱れと体調不良

自律神経失調症は治療薬を使用して治すことができます。自律神経が乱れているかも、と思ったらこちら!バランスを整えて健康になりましょう。

自律神経の働きと体調不良

体調の悪い女性

自律神経失調症という言葉を耳にしたことがありますか。倦怠感や不眠、頭痛などの症状を感じているのに、病院で検査をしてもはっきりとした原因が見つからない場合に考えられるのが自律神経失調症です。自律神経失調症は、ストレスや更年期、本人の性格が原因となり自律神経が上手く働かなくなると発症すると考えられています。自律神経とは、脳の視床下部から指令を受けて働いている神経のことで、交感神経と副交感神経の2種類があります。汗をかいて体温を調節したり、ホルモンを分泌させたり胃腸の動きを促すなど私達が意識しなくても体が健康を保つように働いています。私たちが起きているときには交感神経が働き、寝ている時には副交感神経が働いて体の機能を調節しています。しかし、ストレスやホルモンバランスの乱れによって、交感神経が活発に働きすぎると倦怠感や動悸、不眠、大量の発汗などの症状が起きてしますのです。時には鬱を発症する場合もあります。体調不良が続く場合は、自己判断で自律神経失調症と考えずに病院で診察を受けて症状に適した治療を受けることが大切です。

病院での治療

自律神経失調症には、体の痛みや胃腸障害、めまいなどの身体的な症状のほかにイライラや鬱などの精神的な症状があります。体調不良を感じたらまず内科を受診してみましょう。自律神経失調症と判断された場合は、薬やカウンセリングなどの心理療法などの治療が行われます。自律神経の乱れを整える自律神経調整剤や精神的な症状の場合は抗不安剤などの薬が使われます。ホルモンバランスの乱れが原因の場合は、ホルモンを補充する治療が必要です。本人の性格が関係している場合は、漢方薬で体質を改善したり、カウンセリングで治療を行います。自律神経失調症は、誰にでも起きる可能性がありますが、症状に応じた治療を受けて規則正しい生活を送るように気を付ければ改善していきます。